至急でも安全にお金を借りる方法を紹介!

主婦がお金を借りる時に最初に気を付けるポイント

主婦の方でも一定の収入があれば借りることができます。

主婦の方でもパートやアルバイトなどで働かれていて、継続した安定収入があれば審査も有利になります。

ただし、正社員の方がより審査はスムーズではあります。

特に最近では金融機関の中には、主婦の方、女性の方でも利用しやすいように、

専任の女性スタッフを配置して対応してくれるレディースローンサービスが増えてきています。

主婦の方のキャッシングの敷居が、低くなってきていますので、カードローン会社の条件を充分吟味して賢くキャッシング願います。

特に主婦の方の場合は、収入の全くない専業主婦の方の場合と

パートやアルバイトで継続した収入のある兼業主婦の場合で利用できるカードローンが異なってきますので注意願います。

まずは自分の現在の状況の確認が必要であり、その前にカードローンの基本の法規制だけは覚えて置いた方が良いです。

 

主婦キャッシングで最初の確認ポイント「総量規制」

2010年6月から規定された「改正貸金業法」ですが、下記のように改正されています。

①借り入れ限度額の総額は、年収の1/3以下まで。

②専業主婦(主夫)の方の借り入れには、配偶者の同意が必要

と言ったように、主婦の方がキャッシングする時に重要な法律です。

これをしっかり理解しないことには賢いキャッシングは行えません。

ここで注意したいのは総量規制の法律が適用されるのは、賃金業を生業としている消費者金融になります。

銀行系のカードローン会社は「銀行法」で管理されていまうので、総量規制は適用外になります。

上記理由より専業主婦の方がお金を借りたい時は、銀行カードローンを利用した方が良いのがわかります。

 

主婦キャッシングで最初の確認ポイント「指定信用情報機関制度」

上記の法案の一部ですが、消費者への過剰な貸付の防止策として、貸金業者が消費者の総借入残高を把握し、

返済能力を超える貸付けを抑止することを目的として、個人向け貸付けを行う全ての貸金業者に対して、

内閣総理大臣が指定する信用情報機関への照会義務などを課す「指定信用情報機関制度」が創設されました。

 

これにより過去のキャッシングに関する利用履歴は全てデータベースで一元管理されるようになりました。

全ての個人の金融情報(借入歴や遅延履歴など)は、金融機関に全て知られていると覚えて置いた方が良いです。

指定信用情報データベースのお陰で、借入審査はすごくはやくなりました。

 

ネットからWEB申し込みを行うとスグに指定信用情報データベースにアクセスされ、申し込んだ方のこれまでの借入履歴が参照されます。

ここでこれまでに遅延履歴や金融事故(俗にいうブラックリスト)があると借入審査は通りにくくなります。

個人の借入履歴は全て一元管理されてばれていますので、申し込む消費者金融を変えても意味がありません。

審査をスムーズに行わせるためにも、申請書類はありのままの現在の自分で申請ねがいます。

それが一番速く審査を終了させる方法になります。

 

>>至急お金借りる最適な業者はコチラから<<

至急お金借りるおすすめランキング
三井住友銀行カードローンでお金借りる!
プロミスお金借りる!
モビットでお金借りる!
300x250 夏菜さん 静止
バンクイックでお金借りる!
バンクイック
アコムでお金借りる!
人気記事TOP5

まだデータがありません。